teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:8/652 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

タワレコ×Sony Classical究極のSACDハイブリッド・コレクション ~ 「オルガン」&「展覧会の絵」

 投稿者:りん  投稿日:2018年 5月19日(土)12時30分35秒
  通報 返信・引用
  最近は、Columbia Masterworks 音源のSACD化がちょこちょこと・・・

タワーレコード×Sony Classical究極のSACDハイブリッド・コレクション第5弾!~ライナー、セル、オーマンディ
http://tower.jp/article/feature_item/2018/04/20/1110

サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付」&ムソルグスキー:展覧会の絵(1962/66年 録音)
http://tower.jp/item/4721060

2018年 DSDリマスター。

サン=サーンス:
1.交響曲 第3番 ハ短調 作品78 「オルガン付き」
ムソルグスキー(ラヴェル編曲):
2.組曲 「展覧会の絵」

【演奏】
1.エドワード・パワー・ビッグス(オルガン[エオリアン=スキナー社製])
フィラデルフィア管弦楽団
指揮:ユージン・オーマンディ

サン=サーンスは、フィラデルフィア 音楽アカデミーの録音。
ホールに設置されていた可動式パイプ・オルガンを使った、今となっては貴重な録音。
LP当時はベルリオーズ「幻想交響曲」と同様、「重低音」再生の恰好のソースとして
紹介されていました。

http://boukyaku.asablo.jp/blog/

 
 
》記事一覧表示

新着順:8/652 《前のページ | 次のページ》
/652